医療のグリーンゾーンに向かう、新たなる「移民」の出現

By Kotaro Okada

「接続性」という視点から独自の世界地図を描いてきたグローバル戦略家パラグ・カンナは、都市のロックダウンや国家の医療体制の差異による新たなる「移民」の出現を予測する。(雑誌『WIRED』日本版Vol.37より編集して転載)